前へ
次へ

リフォームとは違うリノベーション

リフォームは昔からよく聞く言葉で、今まで不便だった家の箇所を使いやすいように直すことを指します。ちなみにこれは英語ですが日本でしか通じない言葉で、海外でリフォームというと改宗など家とは関係のない意味になります。最近はリノベーションという言葉もありますが、これはいわゆるリフォームとはまた違う意味合いです。リフォームよりももっと大掛かりで、家のコンセプト自体を変えるくらいの改修を指すことが多いです。古民家を大掛かりに改修してカフェにしたり、元は事務所だったコンクリートうちっぱなしの建物をデザイン性の高い住居にしたりというものです。そのままでは買い手や借り手がつかず、空き不動産となっているものに手を加え、有効活用するために行うことが多いです。なのでリノベーション工事にあたって費用は多くかかりますが、それまでよりも価値が上がって高く売れたり貸すことができるようになるでしょう。古い住居でも生まれ変わらせることが可能です。

Page Top